世界初!心身健康科学の修士を持つベトナム人が2018年3月誕生。

日本もベトナムも、これからの健康課題となるのが、心身の生涯健康の問題。日本では生活習慣病の蔓延や、超高齢社会を迎え、「心身の健康」「生涯健康」といった課題が議論されています。また女性参画社会の構築が産官学を通して進んでい
ます。
本年度、人間総合科学大学大学院を修了した、Do Minh Haiさん(写真右)とLa ThiThu Thuyさん(写真左から2番目)は、ともに日本とベトナムの心身の健康課題を比較した研究によって、世界で初めて修士(心身健康科学)の学位を取得しました。
Haiさんは、ベトナムの人々の健康維持・増進活動に寄与する知見を得る目的で、健康や寿命に影響を及ぼす健康観について、ベトナムと日本との比較研究を行い、健康観に関するベトナム人と日本人の差異と共通点およびその影響因子を論文としてまとめました。今後、ベトナムで進行することが予想されている、生活習慣病対策に大いに貢献することが期待されます。
またThuyさんは、女性の一生のうち身体的にも心理的にも社会的にも大きな影響をうける妊娠・出産・育児期のベトナム女性のこころと身体の健康についての研究をまとめました。特に、女性の心身の健康や寿命に影響を及ぼす要因に関してベトナム人と日本人の差異と共通点およびその影響因子についての比較の精度が高く評価されています。この研究成果は、ベトナムの経済発展とともに急増する生活習慣病や、保健医療分野のミレニアム目標でもあった乳幼児と妊産婦の健康の質の向上に寄与すると思われます。

【指導教員:鍵谷方子教授のコメント】
Do Minh Haiさん:修士課程修了おめでとうございます。Haiさんはベトナムの人々のこころや身体の健康維持・増進に寄与する知見を得る目的で、ベトナム人と日本人の健康観について、差異と共通点およびその影響要因について文献研究をめました。心身の健康や寿命に影響を及ぼすとされる健康観に着目して、先行研究を調査して様々な項目について比較検討し、社会・文化的環境および心身健康科学の視点で考察した成果を特定課題研究報告書としてまとめました。文献収集に苦労しながらも、適切な関連資料・文献を地道に収集し、これからの社会でますます重要になってくる本テーマに取り組み論文にまとめ挙げたことは、大変意義深いことだと思います。教員としてのお仕事を目一杯頑張られた後、帰宅してオンラインで修士課程の学びを進めることは大変な努力を要することだったと思います。全てのカリキュラムを終え、修士課程を修了されたことは今後のHaiさんにとって大きな糧になることと思います。本当にお疲れ様でした。今後のますますのご発展とご活躍を期待しております。
La Thi Thu Thuyさん:修士課程修了おめでとうございます。Thuyさんはご自身の経験や医療従事者として医療に関わる中で感じてきたベトナムの妊娠・出産・育児期の女性のこころと身体の健康を支援したい、という思いをもとに文献研究を進めてきました。母子間の愛着形成や女性のライフサイクルに伴うこころや身体の変化、ホルモンの影響に関する知見もふまえ、ベトナム女性のこころと身体の健康について、社会・文化的な背景の中で考察し特定課題研究報告書としてまとめ上げました。近年のベトナム国の急速な経済発展と社会や環境が変化している状況を背景に、今このテーマで論文をまとめたことは大変意義のあることだったと思います。教員としてのお仕事を頑張っておられることに加え、通信課程のカリキュラムを全てこなして、修士課程を修了されたことの裏には並々ならぬ努力があったかと思います。ときに期限間近になってしまった際にも、決して諦めずに成し遂げられたことはきっと大きな力になったかと思います。本当にお疲れ様でした。今後のますますのご発展とご活躍を期待しております。

人間総合科学大学久住眞理学園長(写真左)、同大学久住武学長(写真右から2番目)と握手をする人間総合科学大学大学院人間総合科学研究科心身健康科学専攻を修了したLa Thi Thu Thuyさん(写真左から2番目)とDo Minh Haiさん(写真右)。

世界初!心身健康科学の修士を持つベトナム人が2018年3月誕生。
Mời các bạn đánh giá bài viết

OPEN DAY

Would you like to come on a campus tour?
We'll be waiting for you!!