2018年108軍事中央病院の看護学会での発表について

東京健康科学大学ベトナムは看護学会で発表しました。

2018年8月11日に、108軍事中央病院の看護学会にて、東京健康科学大学ベトナムの教育部長-講師 佐藤 弘子氏は「日本における新人看護職員研修について」というテーマで発表をしました。

東京健康科学大学ベトナム学長- 久住 眞理も議会に参加しました

看護は、治療及び療養上のケアを果たすため、医療職業の中で重要な職業です。この意味をもって8月11日に108軍事中央病院はこのテーマを挙げ、看護学会を開催しました。学会では、ベトナム全国の病院及び医療系の大学の50レポートの中から、各専門分野の優れた、そしてエビデンスの高い22テーマが選ばれ、発表されました。

発表者:東京健康科学大学ベトナム教育部長 修士 佐藤 弘子氏

東京健康科学大学ベトナムの演題「日本における新人看護職員研修について」は学会の1300参加者の注意を引き付けました。発表の内容は、近年、日本は医療の高度化が進んでいる中、看護師が習得する知識量・技術量も増加しています。しかし、安全な医療サービスを提供する方針と看護学生は国家資格をもっていないと臨床経験ができないため、病院で看護学生が実習で技術の訓練をする機会が減少しています。そこで、日本厚生労働省は日本看護学会・医療機関と連携し、新人看護師に対し、医療機関で一年間新人研修をしなければならないという努力義務化のガイドラインを策定しました。その後、新人看護職員研修が全国のほとんどの医療機関で行われるようになりました。この研修は看護の質を高め、一年目の退職率を低くすることができたと言えます。

看護学会での発表を通して出席した医療機関や医療系の大学は、患者様の看護上の看護師のニーズを見極めて、看護師の人材確保促進に関する対策の参考にすることができるでしょう。それだけではなく、学会は出席した若い看護師の看護分野での力、熱意を発揮ができる機会でもあり、さらなる看護技術・サービスの提供に貢献ができるきっかけになったといえます。

THUV.

2018年108軍事中央病院の看護学会での発表について
Mời các bạn đánh giá bài viết

OPEN DAY

Bạn có muốn đi du lịch trong khuôn viên trường không?
Chúng tôi sẽ chờ bạn!!